2018年5月2日水曜日

久々

溜まっていた写真から少し載せよう。



画室から見る空、天気によって変わる。


ミイコ逆さになるのがすきだ



貯水池の土手もお花畑


私が下からちっとも帰ってゆかないと階段の上で待っている。

2018年3月15日木曜日

いのち

朝、急に“いのち”ってなんだろうと思った。“いのち”は目に見えない、さわれない。神も見えない、さわれない。よく神は“息”だと言う、“風”だと言う。見えないが、さわれないが感じられる。“いのち”も感じられる。

すべて生きとし生けるもの、“いのち”が去ると“もの”になってしまう。それも確固としてそこに存在するような“もの”ではなく、刻々と変化してゆく“もの”だ。

ひとたび“いのち”が去ると今まで歩けた、話せた、いろいろなことが出来た存在が、全く動かなくなり、刻々と変化してゆく“もの”となってしまう。

今まで見えていた存在としてそこにあった“いのち”は、“もの”から離れると神の見えない世界で、あらゆる枠を超えた存在として、永遠に“いのち”としていき続けているのかな?

“いのち”とは神そのものなのではないか?すべての生命体には神がそこに、その生命体と共に居てくださっているのだ、と思った。生命体の一つ一つとはすごい“もの”なのだと、新たに、気づかされた?すごいことだな。

2018年1月28日日曜日

26日から28日まで

26日にはヘイトストリートに行ってきた。毎年行くがこのところ行っていなかった。マソニックの角にあるタイダイの店にはヘイトストリートの名前やこの地にゆかりの深いミュジッシャンの名前など入ったツーリスト向けではなく、純粋にタイダイのものを売っているので良い。店内タイダイづくし、店員も上から下までタイダイ。目の周りもいろいろの色のキラキラのものをつけていたりと面白い。




27朝焼け。ちょっと気味の悪い色だった。


昼間は久しぶりに海(太平洋)まで歩いて行った。

海のそばの遊歩道に植えられた草花たち

私の影

太平洋

28日、画室の猫ちゃんたち
よーちゃん

 ミイコ


2018年1月25日木曜日

今日は晴れ

昨日は午後からしとしとと雨が降っていたが、今日は青空だ。でも外は寒い。

よーちゃん

ミイコは時々ドアと壁の間に寝ている。暖かいらしい。


2018年1月24日水曜日

鉢植え

私は切花は嫌いだ。野山に、道端に咲いている花を見るだけでいい。雑草も近づいてよく見ると美しい。可愛らしい。わざわざ切て室内で見る必要がない。

植物の中でカクタス類は結構好きだ。その私の好みを知って、たまに息子が鉢植えの花をくれる。

2018年1月23日火曜日

昨日は雨だったが、今朝は霧。あまり良く撮れていないがよーちゃんとミイコ。

ミイコ、よーちゃんの隣の行こうかな、と思っている。

よーちゃん窓から外を見ないで家の中のことを気にしている。


ミイコ、リビングのテーブルの上にあった小さな手製のかごを見つけ、それを
銜えてせっせとダイニング、モーニングルーム、お勝手を通り、
廊下のほうに運んでいる。