2020年8月18日火曜日

イエス様の顔

“最後の晩餐”のどの部分から始めようかと思っていた。やっぱり真ん中のイエス様の顔から始めようか?でも一番難しいと思うので最後にやろうかなと思っていたが、やっぱり中心から始めようと13日(木)からイエス様の顔に取り組みだした。3インチにも満たない小さな顔で目を二重にするにはモザイクタイルをすごく細く切る必要がある。悪戦苦闘して17日(月)にほぼ出来上がった。顔の部分だけ黒に少し茶と白を混ぜ柔らかい感じの黒にした目地材を塗った。しばらくしてその目地材の不要な部分を奇麗にしたら強い意志にあふれたイエス様の顔が現れすごく嬉しかった。勿論出来は部細工だ。部細工で一向に構わないと思う。これから神様にお任せしつつ続けてゆかれる。
下図でイエス様の顔だけは正面を見据えている。私にとって一番難しい構図だ。イエス様の顔をちゃんと表現できるかがこのモザイク画がなんとかまとまる基となると思う。良いぐあいにちゃんと表現できるか心配だった。そのうち心配しても何にもならない、もう神様にお任せしておこうと思った。それから何か出来て行った。
私は画想で悩んだ事がない。これから表現しようとしていることを思い浮かべてただ待って居ると上から私のアンテナに画想が落ちてくる。大体待って居るとすぐ下ってくる。
これからも神様にお任せしながら私は手足となって進めてゆきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿